矯正治療

Medical

出っ歯、受け口、デコボコの歯並びを治す治療です。外観を良くするだけではなく虫歯、歯周病予防のためにも大切です。

矯正治療後、『後戻り』と言って処置した後元の歯並びに戻ることがあります。そのため矯正治療後暫くの間、保定装置という処置後の状態を保つための装置をはめ続ける必要があります。

保定装置を使用する期間については、歯科の教科書では処置にかかった期間またはその倍の期間などの目安と書かれていますが、実際にはその規定はありません。10年後に『後戻り』する例もあります。矯正治療後の『後戻り』には親知らずが大きく関わってきます。矯正治療後は親知らずを抜歯しておかないと『後戻り』する確率が高くなります。


矯正治療例

Orthodontics

矯正歯科治療の副作用とリスク

  • 顎の大きさと歯の大きさのバランスがとれていない場合矯正治療のために永久歯の抜歯が必要になることがあります。その場合患者様に状況を説明し同意をいただいてから処置を行います。
  • 矯正装置を装着すると違和感、発音障害、見た目が悪い、装置が頬や舌に当たることにより傷が付いたり口内炎になることがあります。歯を動かす力がかかると痛みを感じる場合があります。
  • 矯正治療中歯磨きしにくい部分ができ虫歯、歯周病のリスクが高くなります。歯科衛生士の指示に従い十分な歯磨きが必要です。
  • 矯正治療後、『後戻り』という直したところが再び動いて戻ることがあります。そうならないために矯正処置終了後の保定処置とその後のメンテナンスが大切です。後戻りの部分を再治療することもあります。

治療例

インプラントCR修復ホワイトコートホワイトニングトゥースクリーニング矯正治療前歯の審美治療メラニン色素除去歯周病治療かぶせもの治療金属アレルギーその他の治療

わたしたちと一緒に働きませんか?

Recruit

杉田歯科ではスタッフの募集をしております

詳細を見る


0120-78-0416

診療予約専用フリーダイヤル

診療時間
8:30~12:30
15:00~20:00

★土曜日の午後の診療は18:30まで ※休診日/日曜日・祝日

診療予約