ホワイトニング

Medical

お家で簡単ホワイトニングしてみませんか?

歯型を採って、その人専用のマウストレーを作ります。ホワイトニングジェルをマウストレーに塗り、1日2時間ほど口の中に装着します。大体1ヶ月~2ヶ月ぐらいで歯が白くなります。

ホワイトニングは漂白剤で歯を直接漂白する処置です。歯に亀裂があったり知覚過敏の症状がある歯に処置を行うと歯がしみるようになる場合があります。

また、ホワイトニング処置後、赤ワイン、カレー、味噌、醤油などの色素により色が戻る場合があります。ホワイトニング処置中、処置後暫くの間はその傾向があります。

ホワイトニングについて


ホワイトニング治療例

Whitening

ホームホワイトニングの副作用とリスク

  • ホームホワイトニングでは、一般にオフィスホワイトニングで使用する薬剤よりも濃度の低いものを使用しますが、歯の保護膜を溶かしてしまう作用がある為、歯に影響を与える場合があります。知覚過敏になる可能性はオフィスホワイトニングより低いですが、違和感が生じた場合は、ご相談ください。
  • ホームホワイトニングはオフィスホワイトニングと比べて、濃度の低い薬剤を使いながら時間をかけ白くしていきますので、白さが実感できるまでに時間がかかります。
  • ホームホワイトニングは患者さん自身で施術を行うため、仕上の予測がつきにくく、白さの調整が難しい場合があります。
  • ホームホワイトニングはマウスピースの使用方法や薬剤の量など、自分では判断が難しい場合があります。その際には気軽にご相談ください。

ホワイトニングを避けた方が良い方

  •  白い詰め物が多い方は、自分の歯との色の差が目立つようになってしまうことがあります。その部分を詰め直す場合は時間が余計にかかる可能性があります。
  •  人工の歯の方を白くする事はホワイトニングでは困難です。 ホワイトニングを行う際は自分の歯であることが前提ですので、入れ歯、差し歯などの人工の歯を白くすることはできません。
  •   歯にヒビがある方
    ホワイトニング剤の強い刺激がヒビから入り、歯がダメージを受ける可能性がありますので、避けるようにして下さい。
  •   変色の強い方(抗生物質の影響)
    抗生物質の影響で歯の変色が強い方は、ホワイトニングの作用が出にくいと言われています。

 

ホワイトニングを行ってはいけない方

  •   無カタラーゼ症の方
    ホワイトニング剤に含まれる過酸化水素を分解する酵素がない、無カタラーゼ症の方がいらっしゃいます。万が一体内に取り込まれると、分解されずに残留してしまい、進行性口腔壊死などの重い病気になる可能性がありますので、絶対に行ってはいけません。
  •   妊娠中、授乳中の方
    妊娠中や授乳中の方は避けていただいたほうがよいでしょう。

 

治療例

インプラントCR修復ホワイトコートホワイトニングトゥースクリーニング矯正治療前歯の審美治療メラニン色素除去歯周病治療かぶせもの治療金属アレルギーその他の治療

わたしたちと一緒に働きませんか?

Recruit

杉田歯科ではスタッフの募集をしております

詳細を見る


0120-78-0416

診療予約専用フリーダイヤル

診療時間
8:30~12:30
15:00~20:00

★土曜日の午後の診療は18:30まで ※休診日/日曜日・祝日

診療予約