歯根肉芽腫

Medical

歯根肉芽腫(しこんにくげしゅ)症例

当院の菊地歯科医師が行った歯内療法の治療です。数年前に他の歯科医院で治療した奥の銀歯が歯茎から膿が出て痛いため来院した患者です。パノラマレントゲンにてこの歯の根の先に膿がたまっている部分が認められ根管治療を行いました。学術的には歯根肉芽腫なら冠をはずして根管治療(歯の中の神経の再治療)で治せる可能性があります。担当歯科医師の菊地が銀歯をはずし前に直した神経に詰めてある薬を除去し数回神経の管の中を薬で消毒し根充(ガッタパーチャと水酸化カルシウムを緊密に詰め込む処置)を行いました。下のレントゲン(After 術後)は1年後歯根肉芽腫の部分に骨が再生して治った状態を示します。一般にレントゲンで見て歯根の先に黒い部分が見られるときこれが歯根肉芽腫であれば根管治療で治せる可能性がありますが、歯根嚢胞になっている場合は、歯茎を切って外科的処置をしないと治りません。レントゲンで見える黒い部分が歯根肉芽腫か歯根嚢胞かの鑑別診断は困難なので今回うまく治すことができたのは極めてラッキーだったといえます。また菊地歯科医師の技術がよかったとも思われ、当院内のカンファレンスでも高い評価を得た症例です。

治療前
治療前

病巣が見受けられます

Before

治療後
治療後

治療によりなくなりました

After


この治療に掛った治療費

料金表

※治療に関する価格は治療当時の価格です。現在の価格と異なる場合があります。

健康保険適用3割負担 根管治療分には約1ヶ月かかり、約4,000円

健康保険診療では歯石を取ったり歯磨き指導を行う歯周病治療が同時に行われます。また根管治療の後かぶせる治療を行います。

歯根肉芽腫(しこんにくげしゅ)治療の副作用とリスク

歯の中の神経の構造はは非常に複雑で根管治療を行えば全てすっきり治るとは限りません。また上でも述べたように歯根嚢胞の場合は外科処置が必要になることもあり抜歯しなくてはならないこともあります。

治療例

インプラントCR修復ホワイトコートホワイトニングトゥースクリーニング矯正治療前歯の審美治療メラニン色素除去歯周病治療かぶせもの治療金属アレルギーウォーキングブリーチ隙間治療歯根肉芽腫(しこんにくげしゅ)その他の治療

わたしたちと一緒に働きませんか?

Recruit

杉田歯科ではスタッフの募集をしております

詳細を見る


0120-78-0416

診療予約専用フリーダイヤル

診療時間
8:30~12:30
15:00~20:00

★土曜日の午後の診療は18:30まで ※休診日/日曜日・祝日

診療予約