金属アレルギー

Medical

掌蹠膿疱症で口腔内の金属を取り除くことにより20年以上治らなかった症状が完治した治療例

治療前

口腔内の金属除去処置をしてから2週間で改善が見られました。

Before

治療後

処置の経過2ヶ月後の写真です。

After


歯科用金属による金属アレルギー

歯科用金属による金属アレルギーの報告が近年増加してきている。最も多いものが掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)である。
手の平や足の裏に赤みを伴う小さな膿疱が多発し腫れや痛みを感じる病気です。一見、水虫に似てるが、水虫の薬では治らず顕微鏡で検査すると真菌がいないことでわかる。

しかしこれは近年増えたのではなく、歯科医院で口腔内の金属をすべて取り除いて治癒した症例が全国で報告され出したことによる。
当院でも20年以上前からこの治療に取り組んでおり、伝馬町の加藤皮フ科に当院で使用している歯科用金属サンプルで金属アレルギー検査を依頼し協力をいただいている。その結果これまでに数例の治癒例を得た。

皮膚炎の医学的療法としては、皮膚・粘膜の炎症に対してはステロイド外用剤を外用する。
その他、痒みが強い場合には抗アレルギー剤を使用する。しかし歯科用金属が原因の場合外用薬や内服薬の使用では治癒せず、金属抗原除去する以外に決定的治療法はない。

健康保険診療では金属を使用しないではできない場合があるので、自由診療のセラミックのかぶせ物、グラスファイバーを用いる土台、金属のクラスプを使わない入れ歯が必要になることもある。

金属アレルギーの副作用とリスク

これまで当院でお口の中の金属をすべて取り除くことにより掌蹠膿疱症が治ったケースを数例持っておりますが、お口の中の金属以外の原因があるかもしれないので、この処置により100%直せると保証するものではありません。

治療例

インプラント前歯の審美修復隙間治療CR修復ホワイトコートホワイトニングトゥースクリーニング矯正治療前歯の審美治療メラニン色素除去歯周病治療かぶせもの治療金属アレルギーウォーキングブリーチ歯根肉芽腫(しこんにくげしゅ)その他の治療

わたしたちと一緒に働きませんか?

Recruit

杉田歯科ではスタッフの募集をしております

詳細を見る


0120-78-0416

診療予約専用フリーダイヤル

診療時間
8:30~12:30
15:00~20:00

★土曜日の午後の診療は18:30まで ※休診日/日曜日・祝日

診療予約