歯科医から一言 インプラント治療 岐阜県大垣市 杉田歯科医院

歯科医から一言
HOME > 歯科医から一言 > 歯は治療するな
コンテンツ
  • 医院案内
  • 医院概要
  • 診療時間・休診日
  • スタッフ紹介
  • 医療理念
  • 定期健診のすすめ
  • 治療案内
  • 治療例
  • セカンドオピニオン
  • 料金表
  • スタッフ募集
院内感染防止への取組
杉田歯科医院の取組
お客様の声
ご意見・ご要望
歯科医から一言
社会貢献への取組
専門医療機関
デンタルニュース
日本口腔インプラント学会

歯は治療するな

歯を削るのは命を削るのと同じこと

歯は治療するな

武田 貢 著 
歯医者さんが書いた
「歯は治療するな」
歯を削るのは命を削るのと同じこと

という本です。
その患者さんは学校の先生で校長先生までなって、今はもう定年後で私と同じ写真が趣味でプライベートでも付き合いのある方です。その先生の教え子が歯科医師で本を出されたのです。本の内容はまさに日頃私が考えていることと同じです。

歯医者に来ることになる原因は主にむし歯と歯周病です。どちらも予防できる病気です。ですから歯医者に患者さんが訪れるのはむし歯になってから削って詰めたりかぶせたりするのではなく、むし歯にならないようにすることが大切です。歯周病は初期には明確な自覚症状が出にくいため、サイレントキラー(静かな殺し屋)と呼ばれる病気です。歯医者で歯磨き指導、」歯石除去、ルートプレーニング、噛み合わせのチェックなどを定期的に受けることが大切です。

当杉田歯科医院でも近年多くの患者さんは歯科衛生士がメンテナンスを行い歯科医師がチェックすることが多くなっており、まさにこの本に書いてある通りになっております。

一方、歯に穴ができたとか1本歯がないのでブリッジにしてほしいという方には歯を削って治療しなくてはなりません。子供のころから歯の健康を保つことができれば、歯を削る必要はありません。そんな若い人のためにぜひ皆さまに読んでいただきたい本です。


お問い合わせはこちら